スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

ラベル(Z-330)が付いた投稿を表示しています

INON Z-330の配光性能

イノンのZ-330ストロボはワイド撮影に特化したストロボです。 http://www.inon.co.jp/cgis/news/wforum_news.cgi?no=488&reno=no&oya=488&mode=msg_view&page=0&news=1 この約2カ月ほどイノンのZ-330ストロボを試してきました。 これまでのストロボとは違う異次元の配光性能を実感しています。 私はワイドのカメラとして、 Canon EOS 5Ds 、レンズは  EF16-35mm F2.8L II USM 。 ハウジングはanthis の Nexus5DMK2からのコンバージョンアップした5DMK3=5Ds仕様です。ポートはワイドマルチポート。 これにNexusアーム18ケルプ-200という有効長20cmのアームを左右2本ずつ組んでいますが、長さはこれで十分だと感じています。 今までZ-240の時は結構シビアにストロボの位置や角度を変えて撮影してきましたが、 Z-330はそこまでしなくても自然な感じで光が周ってくれるので、雲泥の差だと実感しています。ここまで楽なライティングが可能なら、早く買い換えたほうが良いです。 水中重量に関しては、メーカー公称値では48g("eneloop" 電池4本を含む)となっており、 Z-240 Type4 の約77g ("eneloop" 電池4本を含む)から29g 軽量になっています。 これが左右2台分では58gなので、体感的にはわずかに軽くなった感があります。 一方、陸上重量に関してはZ-240 Type4 の約583g (電池を含まず) に対し、 Z-330は637gと54gほどの重量アップです(いずれもメーカー公称値) ISO 400 F8.0 1/80 INON Z-330×2 まんべんなく光が周ります。 ISO 400 F8.0 1/80  INON Z-330×2 アンコウとミノカサゴ、それぞれ違う角度で違う光量のストロボを当てています。 ISO 400 F8.0 1/125  INON Z-330×2 The INON Z-330 strobe is unprecedented of