スキップしてメイン コンテンツに移動

峯水亮よりグランプリ受賞のご報告 - 第5回日経ナショナルジオグラフィック写真賞 受賞式にて

2017年2月6日(月)、東京大手町にある日本経済新聞社にて、第5回(2016年)日経ナショナルジオグラフィック写真賞の受賞式が開催されました。その時の様子をご紹介します。

第5回日経ナショナルジオグラフィック写真賞受賞式
2016年度の受賞者の皆さんです。私(前列真ん中)の左側に古見きゅう君(ネイチャー部門最優秀賞)、右側には取材中で来れなかった三井 昌志さん(ピープル部門最優秀賞)の奥様とお嬢さん

国際的に活躍できるドキュメンタリー写真家を発掘し、日本から世界へ送り出したい。そんな願いを込めて創設された日経ナショナル ジオグラフィック写真賞。今回で5回目の開催となる2016年は、総応募者数315名、合計597点(単写真436点、組写真161点)の応募作品があり、その中から水中写真として初のグランプリ作品として、応募した5枚の組写真「 儚くも、逞しく生きる小さな生き物たちの世界」 が選ばれました。

第5回日経ナショナルジオグラフィック写真賞
第5回日経ナショナルジオグラフィック写真賞 グランプリ受賞盾
受賞作は、私がプロデュースしておりますBlack Water Dive®で出会った生き物の中から、昨年の沖縄や小笠原諸島で撮影したプランクトンが被写体です。ここに受賞作品とその解説を交えてご紹介します。

ミノガイ科の稚貝
ミノガイ科の稚貝:殻長5mm
まだ見ぬ生き物たちとの出会いを求めて、夜の海にひたすら通う日々。闇夜の海中で、ミノガイ科の稚貝が鮮やかに輝いていた。満ち潮に導かれながら沿岸に近づいて、この先の最適な棲み家を探している。成長すると、岩の下や隙間にそっと隠れて暮らす人知れぬ二枚貝。スポットライトを浴びるのは、この瞬間だけかもしれない。

オニオコゼ科の稚魚
オニオコゼ科の稚魚:全長10mm
体は小さくても、その顔つきはどこか成魚と同じ風格が備わっている。オコゼ科の稚魚。体に対して大きな胸鰭は、浮遊適応のためだろう。今は捕食者に見つかればすぐに食べられてしまう儚いプランクトンだが、着底して無事に成長を遂げられれば、周りの小魚たちを虎視眈々と狙う強力な捕食者へと変貌する。

テンガイハタの幼魚
テンガイハタの幼魚:体長5cm(ひれの先まで20cm)
小笠原諸島の父島にて、真っ暗な夜の海でクリチャーたちとの出会いを想像しながら、ひたすら待ち続ける。その瞬間は突然訪れた。目の前に舞い降りた姿は、まるで想像の世界の天女のようだった。存在を存分に見せびらかすように、長く靡く鰭を広げながら、再び夜の暗闇へと過ぎ去っていく、あっという間の出来事。美しいテンガイハタの幼魚。

和名のないタコの幼生
和名のないタコの幼生
名もなきタコの幼生は、夜の深まるころに人知れず姿を現す。透明な体から伸びた長い腕は、浮遊に特化した証。少しでも大きく見せようと思うのか、さらに腕を伸ばそうとする。私が少しも怯まないでいると、さっと身を翻えして、行く手を拒む深場へと降りていった。腕を伸ばした全長は10cm程。

ウミノミの仲間と放散虫
ウミノミの仲間と放散虫:全長3mm
たくさんの風船にぶら下がりながら、空を飛んでいるようなウミノミの仲間。放散虫という球形の小さな動物プランクトンを束ねて、浮遊生活をする。海の食物連鎖の中では、同じ下位層で暮らすもの同士だが、生きるために知恵を絞り、互いに利用しながら浮遊する姿に、小さな生き物たちの生きる知恵とたくましさを感じた。

峯水亮。グランプリ受賞のスピーチ
受賞のスピーチをする私(峯水)緊張してます。
ocean+αの掲載記事
プランクトンの生き様を表現 ~日経ナショナル ジオグラフィック写真賞グランプリ 峯水亮スピーチ全文~
https://oceana.ne.jp/event/66301

第5回日経ナショナルジオグラフィック写真賞受賞式
2016年受賞者の皆さんと、審査委員長/野町 和嘉さん(写真家)前列左、審査委員/中村 征夫さん(写真家)前列右、大塚 茂夫さん(ナショナルジオグラフィック日本版編集長)後列左を交えて

受賞式には歴代のグランプリ受賞者の方々も駆けつけてくれました。
日経ナショナルジオグラフィック写真賞、歴代グランプリ受賞者
日経ナショナルジオグラフィック写真賞、歴代のグランプリ受賞者。左から、竹沢うるまさん(2014)、宮武健仁さん(2013)、峯水亮(2016)、前川貴行さん(2012)、八木豪彦さん(2015)


2016年のすべての受賞作品はこちらからご覧ください。
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/photo/15/011800001/011200010/?P=2

コメント

このブログの人気の投稿

いきものくらべるしゃしんえほん タコとイカはどうちがう? 発売のお知らせ - 峯水亮より

タコとイカはどうちがう? / ポプラ社 いきものくらべるしゃしんえほん 『タコとイカはどうちがう?』ポプラ社 写真:峯水亮  文:池田菜津美 監修:杉本親要 「見るだけで楽しい、しっかり読むともっと楽しい!科学的視点が身につく新しい写真絵本。」 ダイナミックで美しい生体写真と、ちょっと毒のあるイラストに、ページをめくる手がとまらない! 本書では、生きものに興味のある子どもが手に取り、ついページをめくってしまいたくなるようなビジュアルを用意し、ほかの本にはないトリビア的知識を詰めこみました。 -------------------------------------------------------------------------- こんにちは。しゃしんかのみねみず りょうです。 なにこれっ!この本おもしろすぎー!! いきものくらべるしゃしんえほん『タコとイカはどうちがう?』が2020年7月15日、 ポプラ社 からいよいよはつばいです。 みひらきでぱっとかんたんにひかくできる じぶんでいうのもなんですが、この本おもしろすぎて、よんでるとおもわずスミふきだしちゃうかも!?あれっ?これは私のしゃしんというより、タコおやじとイカヤンキーのちょっとどくのあるお笑いセンスのおかげかな? トリビア的知識を詰めこみました 三年前にせいさくにとりかかってから、すべてがひっくり返るようなできごともあり。そしてさいごの一年はこのコロナかに…、いったいどうなることかとしょうじき思いましたが、それでもこうやってつづけてこれたのは、 ポプラ社 のしゃふうとへんしゅうしゃさんの子どもたちへの思いをかんじたからかな? ちょっと毒のあるイラストでおもしろくりかいできる へんしゅうしゃさん(小林さん)、ライターさん( 池田さん )、イラストレーターさん( 死後くん )、デザイナーさん、いんさつじょのみなさん、かんしゅうの 杉本先生 、それぞれその道のプロのみなさま方のおちからをけっしゅうしてこの本はできあがりました。この本にかかわっていただいたみなさまにはかんしゃのことばしかございません。 ココリコの田中さんも、帯のコメントをきこうしてくださり、ありがとうございます! オンライン販売サイト  A

2019年 日本写真協会賞・新人賞を受賞しました

Jewels in the night sea 神秘のプランクトン / ナショナルジオグラフィック社 この度、2019年 日本写真協会賞の新人賞を受賞しましたのでご報告いたします。 受賞作は、ナショナルジオグラフィック社から昨年発売した写真集「Jewels in the night sea 神秘のプランクトン」そして、昨年8~9月にキヤノンギャラリー銀座・名古屋・大阪で展示した、同タイトルの写真展が平成31年の日本写真協会賞の新人賞を受賞しました。 詳細はこちら(日本写真協会のホームページ) http://www.psj.or.jp/psjaward/2019.html 作品を作るにあたっては、各方面の様々な方々にご協力を賜りながらほんとうに長い年月に渡って撮影を続けさせていただき今日に至っており、皆様方のお力添えがなければ今回の受賞は叶わなかったと思います。関係者の皆様方に改めて感謝を申し上げます。 そして、写真集をご購入いただきました皆様、写真展をご覧いただきました皆様、さらに、写真集を刊行していただいた日経ナショナル ジオグラフィック社関係者の皆様、写真展を開催してくださったキヤノンマーケテイングジャパンの皆様方に心より御礼申し上げます。 5月31日~6月6日の期間 東京ミッドタウンにあります富士フイルムフォトサロンにて作家賞・新人賞の作品の一部を展示します。お近くにいらした際にはぜひお立ち寄りいただけますと幸いです。 受賞作品・写真展のご案内 http://fujifilmsquare.jp/photosalon/tokyo/s1/19053101.html I recived Rookie of the Year award of winning prize of The Photographic Society of Japan Award's at the photo book "Jewels in the night sea " released last year from National Geographic and the photo exhibition of the same title exhibited at Canon Gallery Ginza, Nagoya

GoPro HERO6にINONのアクションカム用のフィッシュアイコンバージョンレンズ+RGBlue System03を使った最小ビデオ撮影システム構築

HERO6 Black に INONのアクションカム用のフィッシュアイコンバージョンレンズ UFL-G140 SD をつけて撮影しました。水中ライトは RGBlueのツインライトSYSTEM03 を使用しました。小さくても2灯あると、光がまんべんなくあたるので、フィッシュアイの140°の広角域もカバーしやすくなります。GoProは4K30Pにて撮影してます。 正面から サイドから INON SDフロントマスクとセミフィッシュアイコンバージョンレンズ UFL-G140 SD 上から順にQSA-IN1+MQSB-01+QSBM-GP1 上から順にMQSB-01+QSA-RGB1+System03 ライトの光量を手元で調整できるリモートコントローラー RGB-RC01 使用している機材は以下です。 GoPro HERO6 Black Super Suit(HERO6 Black Dive Housing) INON SDフロントマスク for HERO5/6 INON 水中セミフィッシュアイコンバージョンレンズ UFL-G140 SD INON 光ケーブル改造自作品+シングルゴムブッシュ RGBlue クイックシューアダプター IN1(QSA-IN1) RGBlue クイックシューベース(MQSB-01) RGBlue クイックシューベースマウント GP1(QSBM-GP1) RGBlue GoProアダプター(RGB-GA01) RGBlue クイックシューベース(MQSB-01) RGBlue クイックシューアダプター RGB1(QSA-RGB1) RGBlue System03+自作保護カバー兼フロート RGBlue リモートコントローラー RGB-RC01 RGBlue マイクロフレックスアダプター ×2 RGBlue アームエクステンション RAEX-1 ×2 RGBlue ツインライトマウントL RGBlue YS-D1/2 マウントベース L/R セット 浅野金属工業 チェーンフック サイズ5 AK1250 このセットをご購入希望の方は是非コメント欄よりご連絡ください。 コメントはこちらで確認してご連絡します(購入希望のコメント